真空管ギャラリー9            チューブ・オーディオ・ラボ

漫然と並べていますが、それぞれに思い入れのある逸品です。続けられますように・・・

真空管ギャラリー 9   ◆写真をクリックすると画像拡大◆    2014/12/14 更新版
LA SALLEとRCA

1◆ LA SALLEとRCA
もう無いだろうと・・・思っていたのですが 有りました・・珍しいトリタンフィラメントの71・ メーカーは違いますが・・・-Aが付かない71です。
RCAの球はバルブ前面にゲッターが飛んでいて・・・ フィラメントの輝きが良く見えませんが・・・
此のゲッターが良いですネ・・・比べてみて下さい・・・ 違いが・・・分かりますか。

クリックして大きな画像へ

2◆ カニンガム371
元箱データ付きのNOS球ですが・・・
残念ながら・・・グリッドタッチで使えません。

正月のお飾りに・・・でも

以前のギャラリー
ギャラリー.1ギャラリー.2ギャラリー.3ギャラリー.4ギャラリー.5ギャラリー.6ギャラリー.7ギャラリー.8
その後のギャラリー
ギャラリー.10ギャラリー.11ギャラリー.12ギャラリー.13
No.3からはラジオ球の紹介です。
WE310とかWE348とかの替わりに使えますので・・・ ヒーター電圧は6.3Vなので、其のままWE310の替わりとは行きませんが・・・
クリックして大きな画像へ

3◆ SYLVANIA77
細かいパンチングです・・・
良い感じでしょ

クリックして大きな画像へ

4◆ GE77№1
黒のベースにオレンジのロゴが
映えますネ・・・

クリックして大きな画像へ

5◆ GE77№2
同じメーカーなのに
此の1本だけパンチングなのですよ・・・
せめて2本有れば・・・ネ

クリックして大きな画像へ

6◆ KEN-RAD77
アメリカ ケンタッキー州のメーカーです。
3本有ったのですが・・・
1本は不発弾でした。

クリックして大きな画像へ

7◆ TUNG-SOL77
タングソルと言うと・・・ロシア球・・・
是はメイドインUSAのタングソルです。
一番無骨な感じに見えるのですが・・・
是が・・・良いのですよ

クリックして大きな画像へ

8◆ ナショナルユニオン    11/28
米国 ナショナルユニオンの77が2本出て来ました。
全くのNOS球・・・ラベルにAug 1953 の文字・・・
誕生から60年余の歳月が…
感慨深いモノが有ります。

クリックして大きな画像へ

9◆ VT-77       11/28
軍用のJAN-77
此の箱の作りが凝っているでしょ・・・
切らさない様に・・・そーっと・・・

クリックして大きな画像へ

10◆ ボルトロン      12/06
初めて聴く名前です・・・
トリタンのフィラメント・・・ブラスの足・・・長いベース
マグネシュームゲッター

クリックして大きな画像へ

11◆ UX-112      12/06
VOLUTRON UX-112
こんなメーカーも有ったのですネ
古い球の方が・・・面白いです。

クリックして大きな画像へ

12◆ コマンダー      12/06
此のメーカーも始めて聞く名前です・・・
ナス管の時代は・・・ガレージメーカーも含めて様々ですので・・・
コレクターには垂涎の的

クリックして大きな画像へ

13◆ 171A      12/06
有り難事にちゃんと生きています・・・

非売品です。

◆   更に続きます。



14・15・16◆      12/8
以下はドイツの真空管

クリックして大きな画像へ

14◆ KL74301      12/08
クラングフィルムの整流管です。
両手を口元に・・・オーイ・・・と呼んでいる様なロゴです。
容量的には米国80クラスですネ

クリックして大きな画像へ

15◆ AZ11      12/08
ロゴは・・・PHONETIKAと読めますが・・・良く分かりません
サイドコンタクトのキレイな球です。
是も米国80クラスです。

クリックして大きな画像へ

16◆ メッシュ       12/08
AZ11のプレートがメッシュです。
とてもキレイな作りです・・・
フィラメントを点灯すると・・・
透けて・・・見えるのですヨ、良いですネ

クリックして大きな画像へ

17◆ TUNG-SOL    12/09
米国タングソルの整流管です・・・
此の頃の刻印は凝っていますネ・・・
集める甲斐が有ります。

クリックして大きな画像へ

18◆ 80       12/09
ナス型・・・刻印の球は・・・
ラジオ球ですが・・・侮れないのです。

◆ さて次は


19・20・21◆    12/14
以下引き続き珍しい!?と思われる真空管
何処に仕舞ったのか・・・
忘れてしまった真空管を・・・
ニッパー(愛犬)が探し出して来ました。

クリックして大きな画像へ

19◆ WE205D     12/14
愛犬によって探し出された真空管
ニッパーは真空管よりスピーカの前が似合うか・・・

クリックして大きな画像へ

20◆ RD27AS     12/14
聞きなれない名前でショ・・・
規格はPX25と同等で差し替え可能です。
でも・・・民生用と業務用の違いか・・・
味が・・・有ります。

クリックして大きな画像へ

21◆ RD27AS№1     12/14
内部の作りを見て下さい・・・
プレートの支持構造が半端ではないです
PX25クラスと言うよりプレート損失100Wクラスの アンペレックス211の構造に似ています。

手にとってご覧になりたい方は是非ご連絡を→ tubeaudiolabo@rouge.plala.or.jp

  Topへ
Copyright (C) 2014 TUBE AUDIO LABO. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system